本ページ:ホーム > 業界動向 > 金型プレス成形の安全性及び影響要因に分析
金型プレス成形の安全性及び影響要因に分析
文章来源:    責任編集:    人气:963    発表時間:2013-08-27

素晴らしい金型を生産できるには設計メンバーは長年の経験を積み、専門的な技術を身につけで必要です。製品の設計が成功かどうか、設計メンバーは繰り返し試作を通じて改善で完成できます、でも 金型で生産している時、いろんな問題を発生があるかもしれません、その時、品質や技術の方面でお客様の要求を満足できないで生産ラインに非正常でストップし、色んな不安定的な事を来る。だから、安全的な品質はどうのような向上ですか、金型製造工業に直面している現実問題です。

安定性は何にを指示ですか?安定性には工芸の安定性と生産安定性だと思います。工芸の安定性:安定性の工芸で生産合格の製品です、生産安定性:生産の過程で生産能力は安定です。国際金型会の秘書羅百輝さんといって国内の金型製造工業は殆ど中小企業です、中にかなりの部分は伝統的な企業で工房式の生産管理でよく見落とした金型の安定性に、金型の開発、週期が長い、コストの高等問題は企業の発展のペースを制約しました。

金型及びプレス成型の安定性を影響の主な原因は材料使用方法:金型の構造強度の要求、プレス用材料の安定性、厚さの特性、材料の変化範囲、引張り度及び潤滑剤の選択。

我々はすべて知っています。金型プレス用の金属材料は種類が沢山ので、各種部品の作用が違います、つまり材料材質、選択原則も違います。だから合理性で材料を選択は金型工業で十分重要です。材料を選択する時、必ず 材料の高強度、耐摩性及び適当の靭性を持って以外で十分に考慮されて加工製品の材料特性と生産能力、このようにようやく金型成形の安定性を求めます。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品