本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 宜沢精神より専門的な金型部品メーカーを作り
宜沢精神より専門的な金型部品メーカーを作り
文章来源:    責任編集:    人气:977    発表時間:2013-08-14

  広東省東莞市宜精密金型部品有限会社の社員はやる気、技術革新、実用的な精神を持ち、宜沢を成立して以来で日々に朝会を開催することが宜沢の一項の優れた伝統になっています。朝会に王飛総経理、ヤン副総経理を始めて生産管理者と実際に生産中に発生した技術疑問及び客から苦情を討論、分析してから最終的に解決案を制定して、とにかくお客様に高品質、高精密金型部品を提供しております。


  宜沢の朝会は主な客様の納期、品質、技術問題などを検討で結論を出しで開催です。
一、客様の納期を守り、要求を満足
納期を守り:納期として会社の信用と関連しています、だからわが社はいつでもこの商業ルールを守っています。客様から注文リストを受け取れ次第に納期を確認しております。生産管理者は流れ作業をすべてフォローして朝会に報告しております。出荷納期を確保しています。
二、精度の確保はわが社の追求
宜沢は専門的な精密金型部品を生産しています、主なコネクター金型部品端子はめ部品、プラスチック金型部品、非標金型部品など高精密製品です。わが社に対して、品質が会社の命脈だと思っています、品質を保証しかないで、得意先に安定し、新しい客様を開発ができます。高精密金型部品を多くの顧客群に提供されています。
三、100%検査することはわが社の責任
心おきなくの製品を提供するためには、わが社の責任だと思います。宜沢から出荷の製品は検査室に清潔で、注油、厳密に包まれ、これはお客様の製品を保証した揺れの長い途中で破損しないです。

 

 実は金型部品工場は生産にどうしてもいろんな問題が発生しています、問題を発生が大丈夫で最も重要なのはどのように解決しますか、経験を蓄積して、問題の対応能力を自然に強くなったと思ういます。毎回すべての例会に伝えている宜沢の優れた精神伝統します、宜沢成立から今も維持することができるには積極的な状態です、これも宜沢の社員は実際的な問題を出しで思い切りで解決の精神です。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品