本ページ:ホーム > 業界動向 > 精密プラスチック金型部品精度をと品質を確保する
精密プラスチック金型部品精度をと品質を確保する
文章来源:    責任編集:    人气:117    発表時間:2017-07-21
金型に第一に求められるのは、その精密さです。どのようにして精密プラスチック金型部品精度をと品質を確保するのか?宜澤が自分の理念技術である。複雑・高精度部品、宜澤の製品部門の熟達した腕を持つ社員達が可能にしていきます。彼らは機械一台一台のもつ微妙な特徴やクセを見抜き、それらを巧みに生かしながら加工していきます。また、彼らは機械や道具類のメンテナンスを怠ることはありません。昔の職人が道具を大事にするように、当社の熟練工たちも機械や道具を自分の身体の一部にしています。宜澤の精密な技術はそんな社員たちの経験や感覚に支えられています。これらは精密プラスチック金型部品精度をと品質を確保できる。
それに、「高精度・高品質な製品をつくる」と同時に「納期を守る」ことは、宜澤のモットーです。ほんの数年前まで、金型の納期は2~3ヶ月が一般的でしたが、今日では納期が1ヶ月以内、 2~3週間というのが普通になってきています。納期が短縮してきたとはいえ、当然ですが、超精密プラスチック金型部品品質は維持されなければなりません。そのため、当社では営業と製造部とが一体となって情報を交換しながら、綿密な生産計画を立てていきます。また、製造に携わるすべての社員が、研削盤を使っての作業が可能であり、このことは品質や納期管理のうえにおいても当社の強みとなっています。精密プラスチック金型部品精度をと品質を確保する。
宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品