本ページ:ホーム > 業界動向 > 精密プラスチック金型部品検査修缮
精密プラスチック金型部品検査修缮
文章来源:    責任編集:    人气:1043    発表時間:2014-10-06

  精密プラスチック金型部品検査修缮.射出成形ごと成型位置に必要な年度补修の手続きを経て、精密プラスチック金型部品の循環周期によって异なってくる。以下は、一部のgm原則とするそれぞれの金型の使用者で使われている保证ホットはヒーター、ストリッパーとエジェクターピンなどの精密プラスチック金型部品セルの効率的な運営のために、万一の予期せぬ状況が発生すること。櫻の気孔ヵ所があったかどうかを調べてみた空中早期警報性の錆びてあるいは湿っぽい現象が現れている。もしあなたはホットエア穴周辺は錆びてあるいは湿っぽい現象があれば、内部の言葉を意味する可能性があるとか、パイプが決裂した。湿っぽい現象につながるヒーターで致命的なショートだった。机械は年中無休でなければ運行は、夕方や週末シャットダウンだったとしたら、このような不祥事が起きたよどん現象の确率はさらに大きくなっている。クレーンを覚えて注意ぶっ口ヵ所の熱嘴头「清算」に入ってしまいました。クレーンを見たら中込佐知子具有ランナーで今度はサッパリステンレスかもしれないが、それはポイントランナーを組み立てる。「清算」に認められずは邪魔なものにしてしまうの嘴头よく暑いです。暑いために口を破壊するほどではないが、行动を取る前に、确认ホットシステムの嘴头タイプ確保して、すべてのクレーンが認識できるようによく訓練されて、自分たちが接触しているさまざまな种类の嘴头だった。精密プラスチック金型部品検査修缮.以上を采用している.と提案し、発见や予防に役に立つだろうが、潜在的な問題をあなたの型が常に最高状态を運行する。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品