本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 宜沢金型は高品質でお客様の信頼を貰い
宜沢金型は高品質でお客様の信頼を貰い
文章来源:    責任編集:    人气:1175    発表時間:2013-08-22

製品を買う時価格だけ 気になると、あなたにとって消費観まだ未熟だと思ういます。インタネットで最低の価格を検索で宜沢の製品をみつけないかもしれませんが、同等な材料、品質の条件で宜沢の製品は価格を最適が保障できます。顧客には優れ品質と優れアフターサービスを差し上げます。


現在までわが国に機械部品(成型機械含め)製造メーカー約:870戸左右、総産量45万台、続く増加の傾向。このなかCNC機械:6万台があり、わが国にCNC機械で提供された2000種類があります。毎年100新種類を開発で増加しています。そうすれば、2015年になり、国内で機械の消費総額は約8000億元。(成型機械含め)
同時にわが国金型の製造プロセスが徐々に上昇になり、海外から先進設備を輸入。現在、外資企業が日本、欧米の金型加工設備を使用;民営企業は創業段階で経験蓄積を経て、技術のレベルの向上に従って、金型の注文を向上で伸び。現在、日本、欧美、韓国など我が国の金型を採用も増え、国産CNC機械に伴う技術向上にも、いくつかの金型企業の選択され始めている。金型業界の固定資産投資と金型の生産業界全体の平均増加率をほぼ1:1は、急速な発展期や上昇好調な企業の投入1:1.5に達することができて、甚だしきに至っては1:2 .固定資産投資の中で金型の加工設備を投入80%以上、2005年80億元の売上高ということは、それだけ100億元ぐらいの金型加工設備の需要、金型企業の投入は続いた、金型製品は市場に高校低級で区別して、自然の鋳型の加工設備も高校低級両立。最近は主な金型加工をデジタル化やコンピュータ化、徐々に推進次元設計、金属加工を採用し、積極的にハイテク、CAD / CAE / CAM情報ネットワーク技術は統合になり。


宜沢有限会社は東莞で会社が専門の人材、先進的な設備、更に重視の者の育成で社会に貢献し。金型の品質は本当にかなり重要で製造のよりよい金型は弊社全員の目標と目的です。宜沢は私達のうち、私は宜沢人、人を基本にして、同僚と一心団結協力してあらゆる仕事にも真心を込めて、金型業界さらにきらびやかさせるために、一緒に頑張りましょう。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品