本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 精密超硬丸い部品メーカーの発展要求
精密超硬丸い部品メーカーの発展要求
文章来源:    責任編集:    人气:198    発表時間:2019-09-03

30年余りの発展を経て、中国はすでに世界の金型製造と消費大国になる。統計によると、2017年中国の金型輸出総額は54.9億ドルで、輸出先の国(または地域)は201個に達した。金型輸入総額は20.51億ドルで、前年比で2.43%増となった。
金型業界の発展も精密超硬丸い部品メーカーの発展に対して新たな要求を提出して、現在の金型加工は高精度、高効率の方向に発展しており、金型製品も大型、精密、高性能の方向に発展している。まず、精密超硬丸い部品メーカーは自身の装備応用に対して新しい要求を提出する必要がある。非標準製品の技術規範とプロセス管理の標準化を求めて、正確なコントロール、知能監視、安定生産を実現する。具体的な指標的な要求は下記とおり:


1.設備の利用率を向上させ、人員と機械の配合比率を段階的に最適化する
2.基準、知識ベース管理、部品化、モジュール化製造
3.加工ユニット制動化
4.大量の専門設備を投入する
5.製造プロセス制御と結果管理の実施
精密超硬丸い部品メーカーの発展要求を合わせてこそ、精密金型部品製造業をリードして、中国金型製造業の発展に貢献することができる。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品