本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 精密コネクター金型部品の標準化状況
精密コネクター金型部品の標準化状況
文章来源:    責任編集:    人气:300    発表時間:2016-11-16
工業は比較的発達している国で、精密コネクター金型部品の標準化状況に対して非常に重視して、工業生産に品質、効率と利益をもたらすことができる。コネクター金型部品は専用成形ツール製品ので標準化が重要である。精密コネクター金型部品の標準化作業は主にコネクター金型部品の技術基準の制定と実行、金型標準部品の生産と応用及び標準の宣伝、貫徹と普及などの仕事を含む。
精密コネクター金型部品の標準化の仕事がスタートするのが遅い、それに、宣伝、貫徹と普及の強さを高めないので、精密コネクター金型部品産業生産が遅れ、世界の多くの先進工業国より遅い。国外の金型の先進国では、例えば日本、アメリカ、ドイツなど、コネクター金型部品の標準化作業をすでに百年ぐらいの歴史であり、コネクター金型部品基準の制定、コネクター金型部品の生産標準部品を供給して、すでに完全なシステムを形成する。
コネクター金型部品の規格が少なく、供給が適時ない、悪い組み合わせ性などの問題がずっと存在しているので、コネクター金型の標準部品使用率がずっと低い。近年、外資企業の介入のおかげで、割合が大きくアップしてが、総のにはまだ低い。これは中国精密コネクター金型部品の標準化状況。
宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品