本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 精密プラスチック金型部品使用設備の分析
精密プラスチック金型部品使用設備の分析
文章来源:    責任編集:Kira    人气:1042    発表時間:2015-06-22
金型部品メーカーは精密プラスチック金型部品出産時に加工設備やテスト装置を使用しなければならない。しかし、精密プラスチック金型部品使用設備は自身金型部品の精度要求を満足しなければならない。違う精密プラスチック金型部品メーカーは加工設備も違う。でもテスト装置は判定精密プラスチック金型部品の精度かどうかを基準に達する必要な設備です。
A 設備:つまり、生産機械です。普段生産の製品によって異なって、一般に使用する精密プラスチック金型部品機器は含め:CNC旋盤、精密研削盤、センタレス研磨機、外径小型研削盤など。
B 高精度テスト装置は含め:外径マイクロメーター、プロジェクター、高度計、硬度計などの計量器、正絃磁気台、透視円弧ドレッサー、パンチ成型器など。
金属の鋳型の発展につれて、各業界で急速な発展を遂げて。だから多くの精密プラスチック金型部品を加工して実務者は精密プラスチック金型部品使用設備了解する傾向があります。
宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品