本ページ:ホーム > 業界動向 > 中国チームが超硬丸い部品製造業の「ワールドカップ」に入ることができますか
中国チームが超硬丸い部品製造業の「ワールドカップ」に入ることができますか
文章来源:    責任編集:    人气:105    発表時間:2018-06-21

最近では、「徹夜」「大番狂わせ」「ファン」などの人気言葉が注目を集めている。もしみんなによって徹夜することは当たり前になって、きっと大事になったに違いない。6月14日「2018 FIFA ワールドカップ ロシア大会」がスタートしてから、世界中が競技モードに入り、サッカー熱が高い、多くのファンを狂わせ、選手たちの活躍が期待される。しかし、開戦から数日前まで、サッカーワールドカップ戦で大番狂わせが続出した。中国チームは相変わらずワールドカップに縁がない。
では、中国は超硬丸い部品製造業の中で、サッカーのワールドカップと同じように、入場券もないのでしょうか。答えは「いいえ」。もしも超硬丸い部品製造業も自分の「ワールドカップ」であれば、中国チームは竞争中で一席を占めるはず。
科学技術、経済の発展....これらすべてが中国金型産業の発展を促進し、私たちの目標と発展方向はますます明確になっている。中国の超硬丸い部品製造業を縦観して、品質でも生産強度にとっても轻视できない、様々な先進技術の開発、機械設備の更新、加工技術の向上…など。宜澤金型を例として、弊社の製品がドイツ、アメリカ、日本、イタリア、イスラエル、シンガポール、タイ、マレーシアなどの国家と地域に販売しております、弊社がお客様の注文のよって世界ブランド標準で製造、加工、検査できます。また国標GB、日標JIS、ドイツ標DIN、アメリカAISIなどの国際業界標準で生産しております。製品の精度について、寸法公差±0.001mm、同軸度0.002以内、真丸度0.0015mm、表面粗度Ra0.025、直線度300mmが0.002以内に加工出来ます。これは中国金型製造業がよく発展していることを体現する。
ところで、ロシア西部の都市サランスクのモルドビア・アリーナで行われた試合で日本はコロンビアを相手に2-1の驚きの勝利を決め2018年のワールドカップを幸先よくスタートした。この勝利おめでとうございます!

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品