本ページ:ホーム > 業界動向 > 超精密プラスチック金型部品加工技術
超精密プラスチック金型部品加工技術
文章来源:    責任編集:    人气:34    発表時間:2017-06-02
電子部品用超精密プラスチック金型部品加工を得意とし、研削加工や、ワイヤー放電加工等、各々の技術ごとに「超精密プラスチック金型部品加工技術」を追求し、高精度のものづくりを実現してきました。
日々の仕事の中で、私たちが常に念頭に置いていることは、お客様にとって使い易い金型部品を提供することです。 お客様の図面通りの公差を維持するだけでなく、オスとメスの嵌合のし易さまで考えたものづくりに取り組んでいます。 テオリックでは毎月、約5,000点の金型部品を加工しています。使い易く、組み立て易い超精密プラスチック金型部品のものづくりは、次のようなお客様へのお約束から成り立っています。
1.最新鋭の加工設備
2.研削加工、切削加工、放電加工等、熟練の技能
3.高精度を保証する検査設備と品質保証体制
これらがお客様へ使い易さと組み立て易さを実現し、更にお客様のリードタイムとコスト削減に寄与するのです。また、お客様からの納期短縮にも積極的に取り組んでいます。
宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品