本ページ:ホーム > 業界動向 > 超硬丸い部品の精度、品質を高める
超硬丸い部品の精度、品質を高める
文章来源:    責任編集:    人气:216    発表時間:2016-11-18
どのように超硬丸い部品の精度、品質を高める?近年から、それぞれの業界が急速に発展している。金型設計の技術はだんだん進歩する、新しい材料を広く応用できる、加工技術の絶えず革新につれて超硬丸い部品の品質および精度を影響させる原因も増えたこと。超硬丸い部品の精度、品質を高める方法はたくさんである。次は簡単に分析させて、金型の品質を保障して仕事の能率、超硬丸い部品の発展将来性を高めるため。
超硬丸い部品の精度、品質を高めることにすると、たいせつなのは金型の設計だ。
1.金型部品の材料を選ぶ場合、お客様の品質要求と合わせるだけじゃなく、コスト及び加工周期もよく考えしなければ。そのうえに、金型種類、使用方式、加工スピードなどを考え必要である。
2.超硬丸い部品の構造を設計する時、できるだけ、操作しやすいをする。さらに超硬丸い部品が十分な強度と剛度であることを保証する。許すなら、超硬丸い部品各表面の角はできるだけ角丸に設計するべきだ。
3.修理する時必要に着脱の範囲を減らさなければ、特に易損品の部品を交換する時、できるだけ減らす。
超硬丸い部品で主要成型部品に対して表面強化させる:
超硬丸い部品の表面耐磨耗性を高め、超硬丸い部品の品質を高めるべきだ。表面強化に対し、用途によって強化方法を選択すること。
超硬丸い部品の加工方法や加工精度は金型の寿命に影響するので、超硬丸い部品の寿命を保証するために、各方面の仕事をよくしなければならない。各部品の金型精度は直接に組み立て状況を影響する。ですから、部品の加工方法を改善、技術レベルを向上させ、超硬丸い部品の精度、品質を高めるできだ。
宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品