本ページ:ホーム > 業界動向 > 精密プレス金型部品の工業技術分析
精密プレス金型部品の工業技術分析
文章来源:    責任編集:Shoko    人气:961    発表時間:2015-07-08
以下は精密プレス金型部品の工業技術分析。一般的に精密プレス金型部品あまり複雑でなくて、量かそんな大きなとき、汎用旋盤を採用することに適当に;生産量が大きい時、専用工作機械を採用することに適当です。多い品種、少ない量生産の情況下に、精密プレス金型部品に複雑はデジタルコントロール工作機械を使用して比較的に高い経済効果を獲得することができます。
精密プレス金型部品の工業技術は重要です。金型が設計する精密プレス金型部品と精密プラスチック金型部品は、普通の機械加工で加工するのがとても難しい、構造工業技術性というものは良くないです。ただデータ工作機械を採用して加工なら簡単に実現できる。そのため精密プレス金型部品のデジタルコントロール工業技術性を分析するときに、構造工業技術性で厳格に評価をする必要があります。デジタルコントロール加工の優位性を十分に発揮することとして、精密プレス金型部品を設計することにいるときにデジタルコントロール工業技術性と設計の連絡を充分に考慮します。曲面造形が多くて、壁が薄く軽いて、構造が複雑して、開いていましたシュートの部位なとの設計のような構造はデジタルコントロール旋盤の加工優位性を十分に発揮することができます。これは精密プレス金型部品の工業技術分析です。
宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品