本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 精密プラスチック金型部品品質の向上
精密プラスチック金型部品品質の向上
文章来源:    責任編集:    人气:79    発表時間:2017-10-10

近年、総合国力の向上、経済発展に連れて工業発展にも利益を受けている。各関連企業必要する金型製品も増えて、需要量の上昇とともに、製品の品質も大切になる。精密プラスチック金型部品品質の向上を例にして、私達はどのように部品生産週期保証しながら精密プラスチック金型部品品質を向上することはとても重要で、品質は生産メーカーレベルと長期安定発展することができるかどうかの大前提。宜澤は数年金型製造の経験を持つメーカーとして、精密プラスチック金型部品製造のレベルは比較的成熟し、製品の測定にももっと厳しく、細心により。現在宜澤は専門の品質検査グループを設立して、品質チームのメンバーに対して一連の仕事の行為基準を制定し強化管理して、精密プラスチック金型部品品質の向上を促進する。宜澤金型使うの材料が全部日本大同、日本日立、スーイズAssab会社から購入し、国際真空熱処理二回焼き戻し技術、また超深冷処理により製品の酸アルカリに対する抵抗性が他の製品の3倍以上に達します。プロな生産技術で金型使用寿命及び精密金型部品品質を保証べき。もし適切な金型メーカーを選択するに悩んで、宜澤てみたら、新しい体験を提供させる!弊社は何時も高品質を維持し、納期厳守することをモットーとし、上質なサービス、品質で、業界でも有名な精密プラスチック金型企業住友、日本航空電子、JSTなどにご指導いただき、色々なお客様よりより良い評価を得る事が出来ました。弊社の製品が日本お客様のお役に立って、信頼される企業に成れることを目標に精進努力致しています。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品