本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 超硬金型部品加工について
超硬金型部品加工について
文章来源:    責任編集:    人气:187    発表時間:2017-07-26

金型業界の発展に伴って、中国の金型部品加工技術がますますよくになります。ほかの金型部品より、超硬金型部品加工技術はもっと厳しくに要求させます。宜澤は高品質・高精度金型部品を生産すると目指して頑張っています。では、宜澤はなんの加工技術ありますか?
1.15年以上の超硬合金の加工ノウハウを駆使し、超硬合金の高精度形状加工にも積極的に取り組んでいます。『超硬でこんな形状が加工出来るのか?』というお仕事があれば是非一度ご相談下さい。
2.マシニングセンター、平面研削盤、ジグ研削盤などを使いあらゆる角物加工に対応致します。直角度や平行度、平面度など公差の厳しい加工もお任せ下さい。
3.旋盤、円筒研削盤、内面研削盤などを使いあらゆる丸物加工に対応致します。真円度や円筒度、同芯度など公差の厳しい加工もお任せ下さい。
4.ワイヤー放電加工機は超硬加工メーカーならではの、こだわりの油仕様です。加工中のコバルトの腐食を抑え製品の長寿命を実現します。銅タングステン電極による超硬放電加工もお任せ下さい。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品