本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 精密プラスチック金型部品の表面処理技術
精密プラスチック金型部品の表面処理技術
文章来源:    責任編集:    人气:1142    発表時間:2014-08-01

  精密プラスチック金型部品の表面処理技術は、表面にわたって、表面改性や複合処理技術、変えるの精密プラスチック金型部品表面の形態で、化学成分、组织构造や応力状态で、表面を取り付けることに必要な性能のシステムプロジェクトを獲得した。窒化プロセスは気体窒化やイオン窒化と液体窒化などのやり方で、一つ一つの窒化方式は,もあり、几つかの窒化技術で、適応できるとは違って竹竿と違ってワークを要求している。精密プラスチック金型部品の表面処理技術は、表面処理する方法には、又に分けることができます化学方法や物理方法、物理化学方法や机械の方法です。高めるための精密プラスチック金型部品表面は性能の新たな処理技術は相次いで起り、しかし、精密プラスチック金型部品を製造に応用が多いのは主に窒化.カーボン滲入と硬化膜埋立です。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品